096-325-5651

歯周病

PERIO

歯周病は気づかぬうちに進行してしまう病気です

歯周病とは

歯周病は、歯の周りの組織の病気です。歯の周りには、歯肉、歯槽骨などがありますが、まず歯肉が炎症を起こして腫れ(歯肉炎)、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。

それが深くなっていくと歯の土台となっている歯槽骨が破壊されて、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。日本人が歯を失う最大の原因が歯周病です。手遅れになる前に早めの治療と予防対策を行っていきましょう。

歯周病の進行度別の症状

健康な状態

健康な状態の歯ぐきは、引き締まっており、キレイなピンク色をしています。

炎症を起こした状態

歯の周りに歯垢がたまり、歯ぐきに炎症を起こします。浅い歯周ポケットができ、歯ぐきも少し赤いです。

炎症が悪化した状態

歯周ポケットが深く、歯垢や歯石がたまります。歯ぐきから出血したり、膿みがでて、歯を支えている歯槽骨が溶け始めます。

重度の歯周病

歯肉には膿がたまり、歯を支える歯槽骨も溶けて、歯がグラつきます。放置していると最悪の場合、歯は抜け落ちてしまいます。

こんな症状はありませんか?

  • 食事中に出血がある
  • 歯を磨いている時に出血する
  • 歯肉が腫れている
  • 口臭がする
  • 口の中がネバネバする
  • 歯がぐらぐらする
  • 食べ物が歯の間に挟まりやすい
  • 歯肉がむずがゆい
  • 歯茎が下がった気がする
  • 歯が抜け落ちた

ひとつでも当てはまる方は当院にご相談ください。

歯周病治療の流れ

歯周病と全身の健康との関係

歯周病の原因は歯周病菌ですが、その歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすくしてしまっている生活習慣にも注意が必要です。
食事や歯みがき、ストレス、喫煙などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。

また、糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化などの全身の疾患とも関わっていることが明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも非常に重要なことです。

歯周病の早期発見と早期治療のために定期検診を受けましょう

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期検診が必要となります。再発防止には、患者様自身によるプラークコントロールだけでなく、定期的に歯のメンテナンスをすることが大切です。

歯周病で歯を失ってしまったら

当院では、歯をできるだけ抜かなくていいように、歯周病の治療に取り組んでいます。しかし、受診が遅れてしまった重度の歯周病の場合、最悪歯を失うことになります。 歯周病の悪化により歯を失ってしまったら、失った歯を補う処置が必要です。歯が抜けた部分をそのままにしておくことで、歯並びが崩れ咬み合わせが悪くなったり、崩れた咬み合わせにより歯磨きがしづらくなってしまうことで、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいます。 当院での欠損治療として、ブリッジ、部分入れ歯の作製、インプラント治療を行っています。どの治療にもメリットデメリットがありますので、しっかり治療の特徴を説明し、患者さんのご要望にそった治療をご提案します。

歯周病 よくある質問

Q

歯周病の自覚症状はありませんが検査はしてもらえますか?

A

保険治療で行えます。レントゲン撮影や歯周ポケットの深さを測る検査で精査致します。

Q

20代ですが、歯周病になることはあるのでしょうか。

A

20代前半からでも歯周病になることがあります。若い頃から定期的に検診・クリーニングを受けることをお勧め致します。

Q

歯周病と虫歯は同時に治療してもらえますか?

A

虫歯の程度によりますが、比較的小さい虫歯は同時に行えますが、被せ等の大きな治療は、歯周病の治療が終了してから行うことが多いためご了承ください。

ページトップへ戻る