096-325-5651

審美治療・ホワイトニング

AESTHETIC

美しいかつ機能的な口元に

審美治療とは

審美治療は、被せ物や詰め物や自然歯の色などを整え、美しいかつ機能的な口元に回復するための治療です。
当院では、着色の気になる歯を白く美しくするホワイトニング、銀歯を白い歯に変えるセラミック治療ができます。セラミック治療は歯を白くするだけでなく、銀歯による虫歯の再発や、金属をお口の中に使用することによる健康被害のリスクを回避し、長く自分の歯を保つための治療でもあります。患者様の考えられる予算感やご希望などしっかりとお伺いしたうえで、治療計画を立てていきます。

こんなお悩みがありませんか?

  • 歯の黄ばみを解消したい
  • 歯を見せて思いきり笑いたい
  • 歯に透明感がほしい
  • 歯を削らずに白くしたい

ひとりひとりのご要望に合わせた審美治療をご提案します!

歯を白く美しくするホワイトニング

ホワイトニングとは

黄ばみを取りたい・歯を白くしたいという方には、「ホワイトニング」がおすすめです。歯の表面に、過酸化尿素や過酸化水素と呼ばれる薬剤が入ったホワイトニング剤を塗布することで薬剤が内部まで浸透し、色素を除去してくれます。
ホワイトニングの種類には「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」と「デュアルホワイトニング」の3種類がございます。

国産のホワイトニング剤を使用

当院ではTion(ティオン)という国産のホワイトニング剤を使用しております。国内大手歯科材料メーカーのGC社の製品で高い信頼性があります。日本人向けに開発されたホワイトニング剤なので知覚過敏などのトラブルが起こりにくいという特徴があります。

オフィスホワイトニング

病院で1日で行うホワイトニングです。濃度の高いホワイトニング剤を歯の表面に塗布して内部の色素を除去します。同時に専用の照射器で光を当てるため、より効果を高めることができます。当院では、「ティオンオフィス」と呼ばれる国産かつ厚生労働省の認可を受けた薬剤を使用しております。皆様により満足していただけるよう2回コースからご用意しております。1回(1日)で満足した色に近づいた場合は、2回目を半年後や1年後などご希望の時期に行うことができます。

詳しくはこちら→ ティオンオフィス

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

Meritメリット

  • 短時間で歯が白くなるため、お急ぎの方におすすめ

Demeritデメリット

  • 薬剤の刺激で歯に痛みが生じることがある(一時的なもので、多くの場合は24時間以内に治まります)
  • ホームホワイトニングよりも色が後戻りしやすい
  • 必ずしも理想の歯の色になるとは限らない
  • 歯の状態や変色の原因によってご期待に沿えない場合がある

オフィスホワイトニングの症例

治療前

治療後

年齢/性別 52歳女性
通院目的 前歯の被せを変える前にホワイトニングで歯を白くしたい
診断 右上2番不良補綴物
処置内容 【1日目】
ティオンオフィスホワイトニング剤を上下16本の歯面に塗布し、8分間光照射を行った。終了後薬剤を除去し、新たに薬剤を塗布し、8分間光照射を計3回行った。
【2日目(1週間後)】
1日目と同様に施術を行った。途中歯の痛みもなかったため、8分間の3セットを行い終了とした。
通院回数/期間 2回/約1週間
費用 20,000円(税込み)
リスク・副作用
  • 治療中に痛みが出てきた場合照射時間の短縮や、痛みがある歯のみホワイトニングを中止することがある。
  • 治療終了後に歯に痛みが生じることがある。

ホームホワイトニング

型採りを行って作成したマウスピースにホワイトニング剤を付けて毎日2時間ほどご自宅で装着していただく方法です。当院では、「ティオンホームプラチナ」と呼ばれる国産の安心安全なホワイトニング剤を使用しております。

詳しくはこちら→ ティオンホームプラチナ

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

Meritメリット

  • 薬剤の濃度が低いため、歯に痛みが生じにくい。
  • オフィスホワイトニングよりも白さの持続期間が長い。
  • より自然に近い白さになる。

Demeritデメリット

  • 約3週間毎日装着する必要がある
  • 効果が出るまで時間がかかり、ホワイトニング剤の追加が必要になることがある

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを並行して行うホワイトニングです。
それぞれの欠点を補ってくれるため、当院でもオススメのホワイトニング方法です。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

Meritメリット

  • 色が後戻りしにくく、白さが長続きする

Demeritデメリット

  • 薬剤の刺激で歯に痛みが生じることがある(一時的なもので、多くの場合は24時間以内に治まります)
  • 価格が割高となる

ホワイトニングを行うにあたっての注意点

  • 治療の前にホワイトニングに適した状態であるのか検査させていただきます。歯にむし歯がある場合は治療が必要となりますのでご理解ください。
  • 妊娠中・授乳中の方、歯がしみやすい方、重度の歯周病の方、お子様には治療を行っておりませんのでご注意ください。
  • コーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなどの摂取や喫煙は着色の原因となるため、治療期間中は控えていただきますのでご理解ください
  • ホワイトニングの効果は半永久的ではないため、上記のどの方法で行っても、日にちが経つと一定の再着色があります。
  • 白さをキープするには定期的なクリーニングやホワイトニングの追加が効果的です。

自身に適したホワイトニング方法がわからないなどご不明点があれば、
お気軽にご相談ください。

ウォーキングブリーチ

神経を取っている歯は、全体がくすんだ色になることが多いです。ウォーキングブリーチは歯の内部に薬剤を入れることで、くすんだ色を白く改善させる治療です。

ウォーキングブリーチのメリット・デメリット

Meritメリット

  • 被せ物に比べると、ご自身の歯を大きく削らずに済む
  • 周りの歯の色に近くなり、目立たなくなる

Demeritデメリット

  • 神経の治療が不十分な場合は、先に神経の治療が必要となることがある
  • 残っている歯の厚みが薄いと歯が割れる恐れがあるため、適応外となることがある
  • ホワイトニングと同様に歯の色の後戻りが起こることがある
  • 必ずしも理想の歯の色になるとは限らない。歯の状態や変色の原因によってご期待に沿えない場合がある

ウォーキングブリーチの症例

治療前

治療後

年齢/性別 28歳女性
通院目的 前歯の変色が気になる
診断 失活歯の歯の変色
処置内容 歯の裏側から薬剤(過酸化水素水3%+過ホウ酸ナトリウム)を填入し、封鎖。2回薬剤の交換を行い、コンポジットレジンにて修復し、終了した。
通院回数/期間 4回/約1か月
費用 10,000円(税込み)
リスク・副作用 歯の色の後戻りが起こることがある。

料金表






※料金はすべて税込みです。

「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」と「デュアルホワイトニング」は結婚式前のブライダル割引もございます。

気になる方はお気軽にご相談ください。

セラミック治療

セラミックの詰め物や被せ物を用いることで見た目を整えていきます。
当院では、セラミック系の中でも丈夫な「ジルコニア」と呼ばれる素材を用いております。ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれており、天然歯に近い硬さを持ち、色味も現在の歯に合わせた調整も可能です。ジルコニアの自然な白さにより、口を開けても治療した部分が目立つ心配もほとんどありません。

セラミック治療のメリット・デメリット

Meritメリット

  • 天然歯に近い見た目と色合いが期待できる
  • 金属アレルギーの方に合わせた素材が選択できる

Demeritデメリット

  • 保険が適用にならないため、保険診療に比べて費用が高額になる
  • 治療前には、歯を削ったり、別の治療を優先する必要がある可能性がある
  • お口の状態や健康状態によっては、希望する補綴物が使用できない場合がある

セラミック治療の料金表

  • セラミック治療
  • 60,000円~

※料金はすべて税込みです。

メラニン色素除去

喫煙等で歯ぐきにメラニン色素と呼ばれるものが沈着し、黒く変色することがあります。 変色の原因は詳しくは分かっておらず、喫煙歴のない方でも見られる方がおられます。
放置していても全く問題はありませんが、色が気になる方は、特殊な薬剤を塗ることで健康的な歯ぐきの色に近づけることができます。 ただし、被せ物の金属で変色してしまった歯ぐきは改善することができないためご了承ください。

メラニン色素除去のメリット・デメリット

Meritメリット

  • 痛みが少なくほとんど麻酔なしで治療できる
  • 治療時間も短く、患者様の負担が少ない

Demeritデメリット

  • 歯肉の色の後戻りが起こることがある
  • 必ずしも理想の色になるとは限らない。歯肉の状態や変色の原因によってご期待に沿えない場合がある

メラニン色素除去の症例

治療前

治療途中

治療後

年齢/性別 33歳女性
通院目的 歯茎の色が気になる
診断 メラニン色素沈着による審美障害
処置内容 液状フェノールを患部に塗布後アルコールにて中和し、これを数回繰り返して治療終了とした。
通院回数/期間 治療回数1回、通院回数2回
費用 15,000円
リスク・副作用 治療後数日は食事の際にヒリヒリ痛むことがあります。 改善の具合は個人差によります。場合によっては複数回に分けて行うことがあります。(追加料金はいただきません)
かぶせ物の金属による色素沈着の場合は、改善が期待できないためお断りさせていただきますのでご了承ください。

メラニン色素除去の料金表

  • メラニン色素除去
  • 15,000円

※料金はすべて税込みです。

ページトップへ戻る