096-325-5651

一般歯科

GENERAL

痛みの少ない
虫歯治療への取り組み

痛みを抑える麻酔治療へのこだわり

むし歯を取り除く際に痛みが出ることがあるため、むし歯が少しでも広がっている場合は、麻酔を行ってから治療に入ります。
できるだけ細い針を使用しますが、針を入れる際に痛みが出やすいため、針を入れる部分に表面麻酔と呼ばれる薬を塗っていきます。
電動注射器を用いて麻酔液を注入していきます。機械を用いてゆっくりと注入することで痛みを最小限にします。
麻酔後1~2時間は頬や唇までしびれが続くことがあります。
お子さんの場合は、このしびれを嫌がることが多いため、麻酔が30分ほどで切れるスキャンドネストという麻酔薬を使用します。

虫歯治療の麻酔の手順

歯科恐怖症の方には笑気麻酔をご用意しています

保険治療で行える、歯科治療への不安や恐怖心が強い方のための麻酔

歯の治療を怖がるお子さんや、小さい時に歯医者で痛い思いをして治療が怖い方は、笑気ガスを吸うことでリラックスして治療に望むことができます。
鼻からガスを吸うだけでリラックスした状態になり、治療後は体外にすぐに排出されるため、とても安全な鎮静法です。
保険治療で行えますので、不安や恐怖心が強い方は、事前にご相談ください。

虫歯の進行レベル

CO

健康な歯に比べて、白く濁った状態が気になります。痛みなどの自覚症状はまだ見られないのが特徴です。

C1

歯の表面が黒ずんで見えます。歯のエナメル質がC0よりさらに溶けています。冷たい物がしみることがあります。

C2

エナメル質のさらに内側にある象牙質まで虫歯が侵食すると、歯に穴が開き、食べ物がしみたり痛みが出ます。

C3

神経まで虫歯が達した状態です。神経が侵されるため、日常生活でも歯がズキズキと我慢できないほど痛みます。

C4

さらに歯根まで虫歯が進行し、歯の大部分が溶けてボロボロになります。神経がすでに死んでいるため痛みを感じなくなります。

根尖性歯周炎

歯の根の先に虫歯の感染が広がり膿が出ると、歯が浮いた感じがしたり、歯茎が腫れたり痛むことがあります。

早期の虫歯治療で歯を削る範囲を小さく抑える

むし歯ができた場合は、早期にむし歯を取り除き、人工物で封鎖する必要があります。むし歯は放っておくと奥に進行していき、神経にまで達すると神経を取らないといけなくなったりすることもあるからです。むし歯が小さい場合は、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂を詰める治療を行います。

コンポレットレジンによる詰め物の治療

虫歯を繰り返さないために定期検診を受けましょう

むし歯が広がってくると、コンポジットレジンによる治療が難しくなることが多く、インレーやクラウンと呼ばれる被せ治療や神経を取る治療を行う必要が出てきます。 歯に対する侵襲が非常に大きいため、できるだけ被せにならないように(歯の寿命が延びるように)定期的に検診を受けることが重要です。 少しでも歯に違和感があれば、早めに受診するようにしましょう。

ページトップへ戻る